いるのに釣れない管理釣り場のトラウト攻略についてまとめたサイトです。

ルアーでトラウト攻略入門[feat.釣活]

攻略法 釣り場紹介

加賀フィッシングエリア攻略について

更新日:

加賀フィッシングエリアポンド全景
今回は栃木県の佐野にある「加賀フィッシングエリア」の攻略について書くことにする。

スポンサーリンク

加賀フィッシングエリアの基本的な情報

加賀フィッシングエリアの基礎知識はこちらのホームページをご覧ください。

ざっと説明すると4つのポンドからなった野池型の管理釣り場で私が行った時はニジマスとイワナが放流されていた。

規模が大きく3.5グラムのスプーンでさえ中央まで届くかどうかというほどの広さ。そんな池が4つもある。

加賀フィッシングエリアの釣り場の状況

一番上の池から説明していくと、一番上の池から水が湧き出し、下の池へと供給されている。

その為水質は非常によく、魚は良く見える。水の湧き出るエリアに魚が溜まりやすい傾向が見られる。水深はそこそこ深い。全体的にアオミドロが繁茂し、底を通すとゴミがつきやすい・・・。

2番目の池は上の池と水路で繋がっており、魚は行き来出来る。水はそれほど良くない感じがするが魚は多い。

放流が盛んに行なわれているからか?魚が溜まりやすいエリアがあり、そこ以外魚影は薄い。ここもアオミドロびっしり。浮いてるゴミも多くて釣りがしづらい場所がある。

3番目の池は上の2つの池より若干低い場所にあるため土管を通ってきた水が勢い良く流れ落ちている場所に活性の高い魚が集まる。

その為一番流れの強い場所が一番釣れる。他の場所にも満遍なく魚はいる印象だが、それほど活性が高くなく、釣るのに苦労する。

下側の通路では釣りが出来ないので、その場所に魚が溜まっている。端のところに陣取り溜まっているの魚を釣るのもよい。

4番目の池はスペシャルポンドで、大型のマス専門の池となっており1日4000円のところが5000円かかる

周りには自然が溢れていて雰囲気は抜群な釣り場。

ちなみに、ニジマスとイワナ以外に今回見た魚は鯉・ウグイ・草魚。色々といる。多分この辺の魚は水草を掃除するために放流されているのだろう。3番目の池は大量に草魚がいたので水底にはアオミドロが存在しなかった。

加賀フィッシングエリアの攻略方法

一番上の池から攻略法を説明して行くと、一番上の池はクリアで広いので足下の魚はプレッシャーが高く釣りづらい。丸見え過ぎる。

そのため3.5グラム程度の重いスプーンを使って中央付近にいるフレッシュな魚をひたすら狙う。結構回遊しているので回ってきたら釣れる。重要なのは飛距離だけ。

2番目の池は魚影が濃いのでどんなルアーでもちゃんと釣れる。水が濁り気味なので表層系がいいときがある。トップウォーターで狙ってみるのもあり。魚影が濃いといっても濃い場所とそうでもない場所があるので魚の居場所を見極めるのも重要である。

3番目の池は草魚がたくさんいるので水はきれい。魚の活性はさほど高くないので流れ込みの流れの中でエサを食いにきてる魚を狙うのが一番釣れる。

ルアーは特に何がいいというのはないが、ミノーなどでイワナを狙うのも楽しい。
ミノーでイワナ

加賀フィッシングエリア攻略についてのまとめ

加賀フィッシングエリアは中々難しい釣り場だが基本に忠実にスプーンの腕を鍛えるにはベストな釣り場。

ひとつ言えるのは足元にいるでっかい魚は中々ルアーに反応しないのであんまり狙わず、重めのスプーンをフルキャストして一番遠くを狙うのがたくさん釣る近道。

3番目の池の流れ込みでは大物が連発していたが、その他の場所では釣れているのを見なかった。

雰囲気は凄くいいのでまた行ってもっとたくさん釣りたい管理釣り場でした。

ちなみに3匹かわいい猫がいた。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

おすすめ記事

1

管理釣り場でのルアー釣りではどんなルアーを使えばどんな魚が釣りやすいのか?カラーや釣れるポイントなどの管理釣り場のルアーフィッシングの基本的な攻略法を紹介してみる。

2

管理釣り場のトラウトフィッシングで活躍するタックルを選ぶ上で重要なことはどういったことなのか?このページではエリアトラウトタックルの基本知識を紹介する。

-攻略法, 釣り場紹介

Copyright© ルアーでトラウト攻略入門[feat.釣活] , 2017 AllRights Reserved.