いるのに釣れない管理釣り場のトラウト攻略についてまとめたサイトです。

ルアーでトラウト攻略入門[feat.釣活]

タックル 攻略法

管釣り便利アイテム

更新日:

スプーンウォレット
管理釣り場でのトラウトフィッシングは気軽に誰にでも釣れるので人気
ちゃんと整備されているのであまり大掛かりな荷物も必要なく、レンタルタックルなんかでも釣りができるから釣りのハードルが低い。

ただ、エリアトラウトにハマってくると色々とこんなのあったらいいのになぁっていうグッズが増えてくる。

このページではそんなエリアトラウトの便利グッズについてご紹介する。

スポンサーリンク

魚に触れずにリリース可能な「リリーサー」

リリーサーという魚に触れずにリリース出来る針金の棒が売られている。

管理釣り場では基本的にバーブレスフックを使うのでこういう棒で針を軽く引っ張れば簡単に針が外れるのである。

最初のうちは慣れが必要ではあるものの3匹くらい釣れば外し方がわかると思う。下の動画を参考に。


一瞬で針を外せるのは非常に便利。

色々な形のものが売られているがL字型になったものが一番簡単に外せる。
リリーサー

ハードルアーのように2つフックが付いたルアーはリリーサーで外すのは多少手間がかかるが外せなくもない。

Buccaneer(バッカニア) Buccaneer フックリリーサー
Buccaneer(バッカニア) Buccaneer フックリリーサー

この製品はコストパフォーマンスがよい。

スプーンをたくさん使うなら「スプーンワレット」

管理釣り場では基本的にスプーンがよく使われるがこれが結構たくさんあると普通のタックルボックスではどこに入れたかわかりづらくなる。更にタックルボックスではフックがからみ合ったりするので出しづらくなる。

そんなスプーンをきれいに収納できるのがスプーンワレットと呼ばれるスポンジ付きのケース。ワレットと呼ばれるようにジッパーのついた財布みたいなものもあるがタックルボックスにスポンジの付いたタイプも売られている。

複数タックルを使うなら「ロッドスタンド」必須


管理釣り場は結構人が多い。
人が往来する場所で釣りをすることも多く、そんな時に竿を地面に置いていると踏まれる事故も発生してしまう。

ロッドスタンドがあれば立てて置けるので不用意に折られる心配は無くなる。

タックルボックスタイプのケースに自分で取り付けることのできるロッドスタンド作成キットも売られているのでそれを利用するのも良い。

価格は非常に効果だが最初からロッドスタンドが取り付けられているタックルボックスも市販されている。

私は下のようなバッカンを使用している。

キャッチにこだわるなら「ランディングネット」


ただ釣って楽しむだけならリリーサーでリリースするのもよいが大会の場合はネットタッチでキャッチ扱いになる。(別にネットにインする必要性はないのでプロのトーナメンターはテニスラケットみたいなほとんどネットとしての機能がないものを使用したりしている)

魚を持ち帰る場合にもランディングネットがないと大型の魚はキャッチできない。

写真を取りたいときにも簡易的な生け簀状態にして弱らせずに写真を撮ったり出来るアイテムである。

小さいマスが多い場所では小型のランディングネットで構わないが、小型のものだと40センチを超えるマスをキャッチするにはかなり苦労することになる。

形や材質など様々だが今の主流は三角形のラバーネット。
カハラジャパン(KAHARA JAPAN) トーナメント ラバーランディングネット
icon
かかった魚は逃さない!

フライアングラーが使うような布製のネットはぬめりがついてベトベトになったりするので管理釣り場ではラバーネットのタイプを使うと良いだろう。

偏光グラス

ラインを見てアタリを取る釣りなので偏光グラスは必須に近いアイテム。安いものから高いものまで色々あるが偏光力はそれほど変わらない。屈折率の違いでかけていて疲れてくる偏光グラスと疲れない偏光グラスがある。値段はその違い。
サイトマスター(Sight Master) ワンエイティマッハ ブラック
サイトマスター(Sight Master) ワンエイティマッハ
icon
サイトマスターは偏光グラスの最高峰。絶対的信頼感!

他にもジールオプティクスの偏光グラスなどもおすすめ。
zeal optics(ジールオプティクス) STELTH(ステルス)
icon

他に必要な管釣りグッズ

他にも防寒グッズなどがあれば快適に釣りができるのは他の釣りと同じである。

持ち帰る際は魚をキープするネットや内蔵を処理するナイフもあると便利。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

おすすめ記事

1

管理釣り場で使うルアー紹介 管理釣り場で使うルアーだが狙う魚によって攻略の仕方が多少違ってくる。 まず、管釣りに放流されている魚の大半を占めるニジマスの攻略法だが、スプーンでの攻略となる。ニジマスはス ...

2

トラウト用オススメロッド トラウト用ロッドは大きく分けると2種類の竿が存在する。 スプーン用ロッドとクランク・ミノ―用ロッドだ。 違いと注意点について少し紹介する。

-タックル, 攻略法

Copyright© ルアーでトラウト攻略入門[feat.釣活] , 2017 AllRights Reserved.