いるのに釣れない管理釣り場のトラウト攻略についてまとめたサイトです。

ルアーでトラウト攻略入門[feat.釣活]

タックル

管理釣り場トラウト用おすすめタックル

更新日:

トラウトタックル一例

トラウト用オススメロッド

トラウト用ロッドは大きく分けると2種類の竿が存在する。
スプーン用ロッドクランク・ミノ―用ロッドだ。
違いと注意点について少し紹介する。

スポンサーリンク

スプーン用ロッド

竿を選ぶ上で重要なのは硬さ
管釣りのスプーン用ロッドはバスロッドなどと違って乗り重視の竿が多いので振りぬけがおかしい。
シュッと投げるとベロンとなってちゃんと飛ばない。

これは慣れるしかないのだがスプーンを使う釣りでは竿は乗り重視にしなくてはバイトをはじきまくることになるのでこの変な軟らかさ。

アタリは基本的にラインでとるのでロッドの感度はさほど重要ではない。
あと竿でアタリを取るより巻き心地の違和感ラインの動きからアタリを取ることが多いのが管理釣り場の釣りの特徴。

クランク・ミノ―用ロッド

トラウトフィッシングではスプーン用ロッドともう一本クランク・ミノ―用ロッドを持っていた方がよい。

スプーン用ロッドでは重さのあるクランクを巻くと非常にやりづらいからである。

ミノ―の場合もロッドアクションをルアーに伝えるためには若干硬さのあるロッドでないとちゃんとアクションが伝わらない。

スプーンを使っても非常に乗りが悪くなる以外のデメリットは無いのでどうしても1本だけしか持っていけない時はクランク・ミノ―用ロッドを持っていくのがよいだろう。

スプーンでしか釣れない状況だとかなり厳しいが釣れなくはない。

ロッドのスペックについて

トラウトロッドのスペックで重要なのが上にも書いたが硬さ

表記としてはSUL(スーパーウルトラライト)やXUL(エクストラウルトラライト)があるが使用するスプーンのサイズに合わせて使用する。

柔らかい方から順番に書くと下記のようになる。
XUL→SUL→UL→L→ML

大型のレインボーを狙う時にはXULのロッドではパワー不足となるのでULなどの硬めのロッドを用意しておくとよい。

基本的にスプーンを使う時はSULが標準的でクランクやミノ―を使用する時にはULくらいの硬さが必要。

ロッドの長さも重要なスペックで、基本的に6フィート前後の竿がよく使われる。

飛距離が重要な大型の管理釣り場では長い竿が有利だが重くなってしまうデメリットもあるため出来るだけ軽い竿がおすすめ。

短い竿は取り回しが楽なので小さめのニジマスでもファイトが楽しいがためが効かないのでデカイ魚とのファイトにはテクニックが必要。

おすすめロッド紹介

初心者にオススメなトラウトロッドをいくつか紹介する。

トラウトワンXT(シマノ)

見た目・振りぬき・バランス・性能全てにおいて言う事が無い。
1万円ちょいでこんな竿が手に入る。シマノさんありがとう!
シマノ(SHIMANO) トラウトワン エリアSP 60SUL T ONE A SP 60SUL

ファントム(ダイワ)

ダイワのトラウトロッドでおすすめはこれ。
私も初めて買ったトラウトロッドはこれでした。使いやすいし性能もばっちり。
ダイワ(Daiwa) PHANTOM AT(ファントム AT) 56UL(PW)

Aシャフト(アルファタックル)

振り出し式のコストパフォーマンス抜群のロッド。
持ち運びに便利なコンパクトさで自転車やバイクなどでも気軽に管釣りに行ける。
広大な大規模管理釣り場などではルアーをつけたままの移動にも便利。
アルファタックル(alpha tackle) TRGR Aシャフト A-605UL

他、アブガルシア(Abu Garcia) マスビート エクストリーム MES-582ULもオススメ。見た目でいうとこの価格帯には思えない。
他人のタックルが気になる管釣りでは見た目にもこだわりたい。

トラウト用オススメリール

トラウトリールイメージ
ロッドのところでも書いたけどアタリはリールの巻き心地の違和感から取るかラインを見て取るのが管理釣り場のトラウトフィッシングの特徴。

と言うわけで、リールはかなり重要。
安すぎるリールは絶対にやめたほうがいいと声高にいいたい。

0.8グラムとかのマイクロスプーンみたいな繊細なルアーを使うのでラインにテンションがかかりづらくトラブルの原因になりやすい釣りなのでまともに釣りをしたければリールには金をかけたい

トラウトフィッシングは基本的に巻きの釣りになることが多いためハンドルは利き手で巻く方が安定して巻ける。普段ロッドは利き手で持つ方がアクションをつけやすく有利なので利き手と逆にハンドルを着けている人もエリアトラウトの時だけは利き手でリーリングするのをおすすめしたい。

ヴァンキッシュ(シマノ)

とにかく滑らか。本当にまわっているのかわからないぐらいスムーズな回転で魚が食った時の違和感をリールで感じて釣っていくのに向いている。ただ、あまりに滑らかすぎて巻いてる感が無いのはちょっと不安になる瞬間も。

ヴァンキッシュ
私も使っているが本当にストレス無く釣りが可能。価格は高いが満足度は高い。

カルディア(ダイワ)

1万円台半ばの価格帯ながらメインとして使えるなめらかさを持つ機種がこのリールの強み。私は0.3号のエステルラインを巻いて使っているがトラブルレスで非常に使いやすく大物でも切られたことはなく、十分なドラグ性能を持つといえる。

ナスキー(シマノ)

値段が安い!性能は上位機種並みでもちろんAR-Cスプール。
重さが軽ければいうこと無しだがこの値段なら納得できる。

次のページ:トラウト用ラインの基本知識

トラウトルアーフィッシングメニュー

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-タックル

Copyright© ルアーでトラウト攻略入門[feat.釣活] , 2017 AllRights Reserved.